MENU

お金を借りる

今すぐお金を借りる方法!平日14時を過ぎていても土日休日でも、今すぐお金を借りる方法もあります!

今すぐお金を借りる

どういう時にお金を借りようと思うかについて

みなさんはどういう時に消費者金融などからお金を借りようと思いますでしょうか?きっと多くの方はよほどお金に困った時でもない限り消費者金融からお金を借りようとしないと思います。

 

確かにできればよほどの事がないと消費者金融からお金を借りようとしない気持ちは理解できます。それは以前の私もそうでした。

 

ですが、最近になって私はそこまでお金に困っていなくても消費者金融からお金を借りるようになりました。具体的にはどういう場合に消費者金融からお金を借りるのかというと、私の場合はちょっと外に遊びに行ってそこで急に誰かに食事を奢る事になった時等に手持ちのお金が足りない時はすぐに消費者金融からお金を借りるようにしています。

 

なぜなら、確かに昔の消費者金融というのは一度お金を借りてしまうとその利息の支払いだけで首が回らないという事がありましたが最近はよほど悪質な消費者金融からお金を借りない限りちょっとお金を借りたくらいで困った事態にはならないからです。

 

ですから、私はちょっと手持ちに余裕がない時等に消費者金融からお金を借りるようにしています。ただし、この場合は外出先で急にお金が必要になった時で手持ちがない時だけに限定しています。

 

それはどうしてかというと、外出先でお金が必要になった時等はそこまで大きな金額を必要とする事もないのでお金を借りても利息も支払いはほぼする必要はないからです。

 

なので私がお金を借りようと思う時は外出先で急な出費が必要になった時だけです。

 

今すぐお金を借りる

投資に失敗して消費者金融からキャッシング

学歴がない私は働きながら、日々投資の研究に明け暮れていました。好きな事なので、遊びもろくにしないで研究をする事は楽しいのですが、いちばん辛いのは薄給からなんとか貯金に回し、そのお金を投資に使うのですが、それでも損をしてしまう事です。

 

そんな日々が何年も続き、ある時に一発逆転を狙おうと、大きく先物で勝負をしたのですが、結果は大損をしました。すると運悪く、家族の事情でお金が必要になりました。

 

普段なら問題なく対応できたのですが、先物での負けには追証があり、生活費を切り崩してあてたので、余分なお金がまったくなかったのです。焦った私は両親にも言えず、仲良く付き合っている友人もいなかった事から、消費者金融にプロミスからお金を借りました。

 

本当なら金利などをきちんと調べ、銀行などから借りれば良かったのですが、焦っていたのと無知だったのでしょう。株や為替の知識のみで、それも負けが続き、一般の人が知っている常識が欠如していたのです。

 

プロミスの金利は18%ぐらいだったと記憶しています。投資で年間18%の利益を出し続けられたら、本当の才能がありプロだと言えるでしょう。増やす事はできないのに、借りるとこんなに高い金利がつくのです。

 

しかし結果的には良い教訓になりました。誰でもお金を借りるのは、欠点や弱点を晒すようで良い物ではありません。でも肝心なのは失敗から学ぶ事なのです。

 

ほとんどの人が投資の才能はないでしょう、でも真面目に働き生きているのです。私は自分の無い能力に過信し、キャッシングする事でお金の大切さを実感できたのです。

 

今すぐお金を借りる

個人としても法人としても借りてます。

銀行や金融会社からお金を借りたことは多々あります。

 

個人としても勿論ですが、商売をやっているので法人としても借りたことがあります。個人としては金融会社でのキャッシングや、クレジットカードのキャッシング枠の利用などです。法人として借りたのは取引銀行からお金を借りました。

 

個人としては、やはり急な出費などがあった時にお金を借りようと思います。自分の病気や怪我、それから家族の病気や怪我、通院などにかかる費用が一番です。

 

子供が大きくなると、突然園や学校で何かをそろえて持たせるように言われることや、習い事で急に何かを購入しなくてはいけない時などがあります。

 

また、部活などでは高価なラケットやボール、練習用品やウェアなど、みんなと同じものを強制的に購入させられることも多々あります。それらは予定外の出費なので、一時的にまとまった金額を借りたいと思います。

 

あまり多くはありませんが結婚式なども、お金を借りたいと思うきっかけになります。どうしても出席するにはご祝儀と、自分の身支度と、交通費でかなりの金額が一度に出ます。そういった場合はやはり一時的にお金を借りたいと思ってしまいます。

 

法人としてはやはり毎月の売上が安定しているワケではないので、どうしても売上が芳しくない時や、支払が集中している時などは金融機関からお金を借りたいと思ってしまいます。

 

借りれば借りるほど月の返済負担も増えてしまうので安易に借入はしたくないのですが、ほんの僅かな金額が用意できないときなど、お金を貸してもらいたいと切実に思います。

 

今すぐお金を借りる