MENU

若い時になんとか銀行から借りた百万円

私が若い時、どうしても欲しいものがありました。それは車です。でも私はまだ若くて買う事ができなかったのです。両親にお金を借りようと思っても、両親は貯金がありません。だから自分で何とかしないといけないと思ったのです。そこで友人からすすめられたのが、銀行でお金を借りる事だったのです。

 

もちろん簡単ではありません。銀行からお金を借りるってとても大変なのです。私はちゃんと正社員として働いています。毎月ちゃんと安定した収入があるのです。だから借りる事ができたのでしょう。そしてなんとか百万円を借りて車を買う事もできたのです。若かったですが私は、車がどうしても欲しかったのです。

 

もしもあの時車じゃなくても借りていたかもしれません。それは友人と行く旅行でも、子供の時から欲しかったピアノだったかもしれません。私には欲しいものがたくさんあります。そしてどれを買うにも、私にはまとまったお金がありません。貯金がないのです。誰にも頼る事ができないので、銀行からお金を借りたのです。

 

最初は金融会社から借りようと思ったのです。どっちで借りようか迷っていました。でも怖くて金融会社では借りる事ができなかったのです。まだあの時の私は若くて、銀行で借りるのが一番だと思ったのです。

 

どこからお金を借りるにしても、定職に就いていて働いていないといけません。そして保証人だって必要になってくるのです。若かったですが、何とかお金を借りれて本当に良かったです。

 

今すぐお金を借りる