MENU

銀行から不動産物件を購入するのにお金を借りました

お金を借りるということについては昔から若干抵抗がありました。ですが、ある本を読んでいるときに書かれていたのですが、借金には良い借金と悪い借金があることを知りました。

 

良い借金と言うのはどういうものかというと、資産を手に入れるためにする借金です。そのため、資産を入手するための借金には抵抗感がなくなりました。そんなとき資産である不動産物件を手に入れるチャンスがあり、そのときに銀行からお金を借りました。

 

これは自分が住むためのマイホーム購入ではなく、あくまで不動産投資のための物件購入です。マイホームの場合は住宅ローンが使えますが、不動産投資の場合は使えません。ですから、銀行と個別に交渉するプロパーローンでの購入を目指しました。

 

こうした賃貸用の不動産の取得と言う目的の場合、銀行はお金を貸してくれることがあります。もちろん、購入する不動産物件は抵当権を設定されますが、お金を借りて投資が出来るというのはありがたいものです。

 

この不動産物件はある不動産会社の仲介で購入したのですが、お金を借りた銀行もこの不動産会社の紹介です。実はこの不動産会社からは2件の金融機関を紹介されたのですが、最初に紹介されたところとは交渉が上手く行きませんでした。

 

最初の銀行が出した条件はかなり厳しくこちらはその条件を飲めませんでした。その後、もう一つの金融機関である某地方銀行に行ってみると、かなり積極的にお金を融資してくれる感じでした。

 

ですから、話もとんとん拍子にすすみ、こちらで借りることが出来たのです。

 

今すぐお金を借りる